宮ノ下温泉(みやのした)


宮の下(宮ノ下)温泉の魅力! 歴史と温泉の特徴など


宮ノ下温泉の宿 宮ノ下温泉の宿をすぐに探したい方は、女性の写真の下までスクロールを ↓↓↓


国道1号と138号の分岐する付近に涌く温泉。江戸時代は江戸の豪商の湯治場として栄えた。その後明治時代に外国人の為のリゾートとして賑わう。象徴的な富士屋ホテル前の国道1号沿いはセピア通りと呼ばれ、写真館やみやげ物店の看板の文字に当時のハイカラな時代がしのばれる。今も多くの観光客が訪れる温泉地
現地スタッフの耳より情報

レトロな雰囲気が楽しめる宮の下。写真館や骨董品店を覗いてみて。店先で頂くしゃくり豆腐も是非味わってみてください。お土産にピッコロのパンが人気です。ロープウェイやケーブルで行くなど個性在る温泉宿が多いですよ。


温泉の歴史
宮ノ下の地名は、熊野神社のお宮の下に開けたことに由来します。熊野は「ゆうや」とも読み、「湯屋」すなわち温泉の神として古くから信仰されてきました。その宮ノ下に自然湧泉が初めて発見されたのは、室町時代の応永5年(1398)です。江戸時代には大名の奥方や豪商などが訪れ、内湯と滝湯(打たせ湯)による湯治を続けました。

温泉の特徴
当時創業の藤屋(富士屋ホテル)は現在も残っています。明治時代になると外国人の保養地として栄え、それらの旅館が建築や設備、温泉の質と量、接客サービスなどで箱根の温泉文化をリードしました。




宮ノ下温泉で 露天風呂付客室 部屋露天風呂がある宿 旅館


箱根「四季の湯座敷」武蔵野別館
渓谷に佇む3000坪の湯殿「四季の湯座敷」、三種の貸切露天は全て無料で豊富な自家源泉を堪能!。ほのかなお香、幻想的な篝火ともる「隠れ宿」です。


箱根 時の雫
「和」の寛ぎと「洋」の華やかさを融合させた・・"森と水に囲まれた和のオーベルジュ"。3000坪の敷地内から湧く温泉を掛け流した檜風呂でゆるり・・滞在19時間の至福の一時を・・




宮ノ下温泉で 貸切風呂のある温泉旅館 ホテル


箱根「四季の湯座敷」武蔵野別館
渓谷に佇む3000坪の湯殿「四季の湯座敷」、三種の貸切露天は全て無料で豊富な自家源泉を堪能!。ほのかなお香、幻想的な篝火ともる「隠れ宿」です。


月廼屋旅館
宮ノ下温泉の高台に佇む静かな温泉宿。付近にはアンティークショップなどが建ち並び、お店を見るだけでも楽しめる。食事は、旬の素材を吟味し、板長がつくる和食をお部屋でゆっくりと味わえる。


湯の宿 遊月
とにかく気がねなく、温泉を楽しみたい方におすすめの宿。チェックイン後は、自由気ままにお好きに過ごせる。あいていれば露天風呂もいつでもOKだ。チェックアウトまで、思う存分自由にくつろげる。


宮ノ下温泉の旅館 温泉宿