翡翠(ひすい)に宿泊しました


箱根 翡翠(ひすい)の宿泊体験記 半露天風呂付きの部屋

hisui.heya1.jpg翡翠のVIALAデラックス洋室(半露天風呂付き)に泊まってきました。部屋の全景がこんな感じです。広くて明るい印象と落ち着いた印象が両立しているモダンな部屋です。

手前のミドルボードの扉を開けたら布団が入っていました。3名対応だからでしょう。


hisui.heya2.jpgこのソファーね、座面の幅が広いんですよ。上の写真に寝そべった妻がちょっと写っていますので、そこを見てもらうと幅の広さがわかるかと思います。

ソファーというより、ごろ寝ソファー兼3人泊まるときのベッドですよね、これは。


hisui.heya3.jpg窓を正面に見て座れるソファーがこちら。その後ろがベッドスペースです。


hisui.heya4.jpg広くてふかふかの布団でした。ベッドが低いこで空間がより広く感じられ、これまた贅沢な雰囲気を味わえました。


hisui.heya5.jpgこちらが洗面所。これまた広いスペースがあり、椅子があるのはもちろんのこと、左右に引き戸棚が付いています。


hisui.heya6.jpg洗面所の奥がベランダにつながり、そこに部屋のお風呂が付いています。

囲われているので露天風呂とは言いきれませんが、ベランダにあるので部屋の内湯でも無い訳で、これぞ半露天風呂ですね。スペースとしてはそれほど広くはありません。


hisui.heya7.jpgお風呂の窓から見える外の景色です。

実は今回妻の親族と来ていたこともあって、この半露天風呂は使いませんでした。大浴場は広くてとてもよかったですよ。翡翠に泊まる方は部屋風呂も大浴場も両方入ってみることをお勧めします。


hisui.heya8.jpghisui.mizu.jpg
冷蔵庫とトイレです。もうね、部屋の雰囲気がとても気に入ってしまって写真撮りまくりな訳ですよ(笑)。あと箱根山の天然水というオリジナルなペットボトル水が無料で置いてありました。くせが無くて美味しい水でしたね^^




箱根 翡翠(ひすい)の宿泊体験記 夕食&朝食

hisui.syokuji2.jpg夕飯はすき焼きを選びました。これがまた美味しかった!盛り付けもちょっと変わっていて、この辺りの演出も高級宿を感じさせるものでした。

お料理に対する不満ではないのですが、いわゆる温泉旅館ではなくホテルのため、浴衣ではなく洋服で食事処に行かねばならないことに注意が必要です。


hisui.syokuji1.jpg見てくださいこのお肉のサシ。美味くてお肉は追加注文しました!そのお代は義父持ちなので分かりません(笑)。


hisui.syokuji3.jpg朝食がこちらです。ご飯かお粥か選べたのでお粥にしました。朝食なのに小鉢の料理の種類が豊富なのは嬉しいですね。お粥はかなりやさしい味だったと思います(うろ覚えです)。

hisui.syokuji4.jpgカマスが美味しかったですね。僕は今まであまりカマスを食べた記憶が無かったのですが、こんなに美味しい魚だったのかと、すっかりカマス好きになりました^^;




箱根 翡翠(ひすい)の宿泊体験記 大浴場など施設

ohuro1.jpg翡翠の大浴場は、離れのような雰囲気になっています。そのエントランスがこちら。


ohuro2.jpg木目の色調や間接照明の雰囲気に加え、広々とした空間が高級和風リゾートであることを感じさせます。

内風呂は透明な単純泉(新姥子温泉)で、露天風呂ではにごり湯(大涌谷温泉)と2種類のお湯が楽しめます。中の雰囲気はこちらをご覧ください。


ohuro3.jpgライブラリーゾーンがこちら。

湯上り休憩ゾーンにはマッサージ器もあります。マッサージしている人が多くて写真は撮れませんでしたが、座り心地がよく高級なマッサージ椅子であることが一目瞭然。それでいてそのマッサージ器はなんと無料です。さすが翡翠!


ohuro4.jpgこの離れの大浴場から中庭に出ることが出来ます。外から大浴場がある建物を見るとこんな感じです。

小道を歩いて行くと・・・


ohuro5.jpg足湯に出くわします。写真に写っているのは管理人のhiroです。

この足湯を含めた中庭ゾーンは、隣に建つ同系列のホテル「箱根甲子園」と共通施設になっています。どちらの宿泊客も出入りできる訳です。


ohuro6.jpgより箱根甲子園側から見た景色です。ちなみに箱根甲子園に宿泊の方は、中庭に来れますが翡翠の大浴場には入れません。この中庭から翡翠のお風呂の建物に入るには、翡翠の部屋のカードキーが必要となります。

だから翡翠に泊まる人が中庭に出るときは、カードキーを自分で持って中庭に行くか、持っている人と一緒に行動するかしないと戻れませんのでご注意を^^;